読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hainmueller et al.(JOP 2015) 現職候補者は有利なのか:RDDの外的妥当性

Regression Discontinuity Design(RDD)の外的妥当性を検討した論文.

Hainmueller, J., Hall, A. and J. Snyder. 2015. "Assessing the External Validity of Election RD Estimates: An Investigation of the Incumbency Advantage." Journal of Politics 77(3): 707-720.

選挙において現職候補者が有利(incumbency effects)だというのをRDDで示したのがLee(2008)であるが,この論文はRDDの解説でしばしば引かれる.一般に,RDDの内的妥当性は非常に高いことが示されているが(Buddelmeyer and Skoufias 2004; Cook et al. 2008; Berk et al. 2010; Shadish et al. 2011),外的妥当性についてはさらなる検証の余地があるとされる.すなわち,カットオフ近傍のsubpopulationへの局所平均効果になっているため,カットオフ近傍から離れた場合に同様の効果があるかは必ずしも自明ではないということだ.そこで,Lee(2008)の結論は外的妥当性があるのだろうかという問いを検証したのが本稿Hainmueller et al.(2015)である.

方法としてはAngrist and Rokkanen(2013)に従っている.Angrist and Rokkanen(2013)はIZAからのDPだがJASAから2016年パブリッシュされるAngrist and Rokkanen(JASA 2016)と同じ内容である.論旨は以下の4点から成る.

First, we motivate our study in several ways. We discuss theoretical reasons to expect a larger, smaller, or equal effect away from the RD threshold, we present the results of a survey of political scientists that shows widespread disagreement over whether the effect ought to be larger or smaller away from the threshold, and we present descriptive evidence that obtaining an estimate even in relatively small windows around the RD threshold can markedly increase the estimate’s coverage, and thus its pertinence. Second, we lay out the technical details of the method. Third, we apply the method to U.S. statewide offices, presenting the results of the validity tests and the estimates of the incumbency advantage away from the threshold. Finally, we conclude.

以上に基づき,条件付き独立の仮定(CIA){ \displaystyle
E[Y_{i, t+1}(D_{i, t})|V_{i, t}, X_{i, t}]=E[Y_{i, t+1}(D_{i, t})|X_{i, t}]
}を用いることでバンド幅をLee(2008)より拡大して推定したところ(windowは15%ポイント=より競争の少なかった地域での推定),Incumbency Effectsは微弱もしくは確認されなかったそうである.windowを広げてTreatment Effectが推定できているかどうかはCIAが成立しているかどうかに依存するが,本稿ではCIAのチェックも行っている.RDDの外的妥当性については色々と議論があったところなのでとても勉強になった.方法論についてよりフォーマルな議論をしているAngrist and Rokkanen(JASA 2016)は今後多く引用されるのではないだろうか.