Goldthorpe(ESR 2001) 因果関係,統計学,社会学

イギリスの社会学者ゴールドソープが因果関係について整理し,さらに社会学で因果関係の分析がいかになされるべきかを説いているエッセイ. Goldthorpe, J. H. (2001). “Causation, Statistics, and Sociology.” European Sociological Review, 17(1), 1–20.…

Xie(2007) ダンカンの流儀:社会学における人口学的アプローチ

最近まわりで耳にする論文なので読んでみた. Xie, Yu. 2007. "Otis Dudley Duncan's Legacy: The Demographic Approach to Quantitative Reasoning in Social Science." Research in Social Stratification and Mobility, 25(2): 141-156. ダンカンといえば…

Brand and Xie(ASR 2010) 最も教育リターンを受けているのは誰か?因果効果の異質性

大卒学歴が賃金に与える因果効果について,異なる個人に異なる因果効果(heterogeneous causal effects)を想定し検証した論文. Brand, J. E., & Xie, Y. (2010). "Who benefits most from college? Evidence for negative selection in heterogeneous econom…

Allison(2009) Fixed Effects Regression Models

固定効果モデルと変量効果モデルについて平易に解説した本.Fixed Effects Regression Models (Quantitative Applications in the Social Sciences)作者: Paul D. Allison出版社/メーカー: SAGE Publications, Inc発売日: 2009/07/07メディア: ペーパーバッ…

Angrist and Pischke(2015) Mastering 'Metrics

実験学派のラスボス的存在アングリストとピシュケの新刊Mastering 'Metricsをやっと読んだ.本書の主眼,というか実験学派,というかlabor系の主眼が,いかに特定のtreatmentの因果効果を綺麗に識別するかであることを断っておく. Mastering 'Metrics: The …

『ハマータウンの野郎ども』第7章

言わずと知れたポール・ウィリスの著作である.かつて読んだ時には気付かなかったが,その第7章「文化と再生産の理論のために」では,制度に関する言及が多くあると教えてもらったのでここにメモしておく. ハマータウンの野郎ども―学校への反抗・労働への順…

Rözer and Kraaykamp(SIR 2013) ジニ係数と主観的Well-being

自ら選択した論文ではないが,ゼミで輪読した論文. Rözer, J., & Kraaykamp, G. (2012). "Income Inequality and Subjective Well-being: A Cross-National Study on the Conditional Effects of Individual and National Characteristics." Social Indicat…

Hwang and Sampson(ASR 2014) ジェントリフィケーションの進化メカニズム

シカゴにおいてジェントリフィケーションがどのように生成し変化しているのかを分析した論文. Hwang, J., & Sampson, R. J. (2014). "Divergent Pathways of Gentrification: Racial Inequality and the Social Order of Renewal in Chicago Neighborhoods.…

Beckfield et al.(ARS 2013) 社会学における比較医療制度分析

社会学における医療制度の比較分析をレビューし,評価した論文. Beckfield, J., Olafsdottir, S., & Sosnaud, B. (2013). “Healthcare Systems in Comparative Perspective: Classification, Convergence, Institutions, Inequalities, and Five Missed Tur…

Measuring Causal Effects in the Social Sciences

Courseraで開講されていたMeasuring Causal Effects in the Social Sciencesという講義を受けた.講師はコペンハーゲン大学社会学部のAnders Holm.約1ヶ月の講義内容は以下. Module 1 - The nature of causal effects and how to measure Module 2 - The m…

Gneezy and Rustichini(JLS 2000) 保育園のお迎え遅刻は罰金で改善できるか?

ニーズィーとリストといえば著名な行動経済学者だが,彼らの研究成果を一冊にまとめた以下の本がecon界隈で話題をよんでいる.非常に読みやすく,内容も査読付き学術論文がベースになっている(しかもトップジャーナルばかり).私もGneezyとListの論文はいく…

One Hundred Nineteen Stata Tips

Cox and Newton. eds. 2014. One Hundred Nineteen Stata Tips. Stata Press この本も第3版が出ていたので手に取ってぱらぱらとめくってみた.

Content Analysis

政治学における統計的分析手法の開発で知られるGary King御大の記事が話題になっている.今井先生との共著も多い. ビッグデータ分析で、中国政府による検閲の中身が明らかに:日経ビジネスオンライン 業績も半端じゃないKing先生のHPにはAutomated Text Ana…

Abrutyn(2013)

社会学における制度論の最新刊. 高くて困るが何とか手に入れて読みたい. Revisiting Institutionalism in Sociology: Putting the “Institution” Back in Institutional Analysis (Routledge Advances in Sociology) 作者: Seth Abrutyn 出版社/メーカー: …

Hasan and Bagde(ASR 2013)

ASR最新号から. Hasan and Bagde. 2013. "The Mechanics of Social Capital and Academic Performance in an Indian College." American Sociological Review 78(6): 1009-1032. 社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)が人的資本にどのような影響を与えてい…

分析社会学(Analytical Sociology)の備忘録

2014年になりました. 新たにウェブログで分析社会学(analytical sociology)の視点から社会保障を題材に備忘録をつけようと思います. 「分析社会学」という語は未だ日本では知名度が低いかもしれませんが,ハンドブックも出ています. The Oxford Handbook …